スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Filigrane Spitzendecken ブックレビュー

皆様こんにちは。
すっかり更新ご無沙汰してまして、久々自分のブログを開けたら広告が
要するに、1ヶ月もさぼっていた訳ですね〜。
ネタが無かったのと、色々と忙しくてつい放ったらかしてました。
体調が悪いとかではないので、ご心配なく。

約1ヶ月前にドイツで発売になったHerbertさんの最新リプリント(やっぱり日本語変)
先月末に無事に届きまして、今頃になってレビューです。
写真多いので、お気をつけ下さいね。

今回発売はBeyer Band 711のリプリントみたいです。
表紙はこんな感じ。
P4080826_convert_20150416233804.jpg
相変わらず表紙の作品は無い様です。残念

中はいつものように薄い本が1冊、両面印刷の模造紙が1枚です。
P4080827_convert_20150416233848.jpg

こちらはEichel
大判ですね。孔雀みたいに見えるの、私だけかしら?
P4080828_convert_20150416233932.jpg

Birke
中央がHerbertさんらしい綺麗な作品です。
P4080829_convert_20150416234026.jpg

Christrose
ちょっと幾何学っぽいのは珍しいですね。
P4080830_convert_20150416234115.jpg

Narlisse
小さなドイリーです。外側に広がるダイヤ模様がキラキラ輝いて見えるシンプルなデザイン。
P4080831_convert_20150416234147.jpg

Sonnenllume
ひまわりをイメージして作ったみたいです。大きそうですね。
P4080832_convert_20150416234235.jpg

Tulpe
こちらはチューリップみたいです。
P4080833_convert_20150416234310.jpg

Chrysanthemum
このデザイン、どこかで見た気がします。
P4080834_convert_20150416234349.jpg

Kaktus
こちらはサボテンらしいのですが、他の本では別の名前がついている様です。
P4080835_convert_20150416234421.jpg

Leberblümchen
小さめドイリー。
P4080836_convert_20150416234501.jpg

Scilla
外側は蜂の巣ネットですね。
P4080837_convert_20150416234534.jpg

Tausendschön
P4080838_convert_20150416234609.jpg

Grasnelke
P4080839_convert_20150416234653.jpg

Clematis
クレマチスみたいですね。
P4080841_convert_20150416234808.jpg
つなげるとゴージャスになります
P4080840_convert_20150416234734.jpg

Dahlie
こちらはダリア。
P4080842_convert_20150416234843.jpg

Fingerhut
珍しく長方形です。果たして何段あるんでしょう?
P4080843_convert_20150416234925.jpg

Gänseblümchen
風車みたいでかわいいですね。
P4080844_convert_20150416234957.jpg

Wollgras
ちょっと幾何学的。
P4080845_convert_20150416235043.jpg

Vierblatt
P4080846_convert_20150416235124.jpg

Anemone
アネモネです。どこかでもアネモネ見た気がします・・・
P4080847_convert_20150416235200.jpg

Löwenzahn
タンポポですね。以前編んだのとは違うデザインになっています。
P4080848_convert_20150416235231.jpg

Aurikel
P4080849_convert_20150416235313.jpg

ButterblumeとKlee
P4080850_convert_20150416235346.jpg

Kristall
P4080851_convert_20150416235419.jpg

Quadrat
P4080852_convert_20150416235452.jpg

全部で27作品収録になっています。
ぱらっと見た感想ですけど、ちょっと幾何学的っぽいのが多い気がしました。
もしかすると初期の作品かもしれないですね。
編む分にはややこしくなくて良いかもしれないです。

最後までおつきあいいただいた皆様に、おまけです。
P4080824_convert_20150416233705.jpg
お外にいるブチさん。
美人ちゃんになって来てます。
お鼻の中央の黒い点がチャームポイント

今だったら一部取り扱い再開みたいです。
気になる方はお早めに。
紫色のは収録数が多いのでおすすめです。














スポンサーサイト

Absolutely Gorgeous Doilies ブックレビュー

皆様こんにちは。
先日職場で4月からの担当替えを言い渡されたAyaです。
まさかのことなので、今からパニクっております。
私で大丈夫なのかなぁ。

そんな不安はもっと先まで取っておいて・・・・・
先日気になっていた本が届きました。
PKさんこと、Patricia Kristoffenさんの本です。
全く同じ題名の本を持ってまして、比べてみました。
まずは表紙から。
P2180782_convert_20150218210615.jpg
右が旧版、左が新版です。
新しい方はカラーになってて表紙もちょっとテカリのあるしっかりした紙質。
古い方はちょっと厚紙っぽい感じの物でした。

大きさがちょっと変わった様ですね。
P2180783_convert_20150218210755.jpg
重ねて見ると、新しい方が一回り小さくなりました。

さて、気になる中身ですが・・・・
カラー印刷になったので見やすくなりましたよ。
P2180784_convert_20150218210842.jpg
こちらは古い方。写真も白黒。
カラーの写真は一カ所にまとめてあって、作品番号が振られているだけでした。
それが、新しい方では、
P2180785_convert_20150218210950.jpg
作品ごとに新たに写真を撮り直して、綺麗になりました。
前よりもアップ画像なので、いざとなったら写真ガン見で編めるかも???

編み方解説も綺麗に見やすくなりました。
古い方は黒一色。
P2180787_convert_20150218211130.jpg
新しい方はちゃんとカラーで囲ってあります。多色刷りなので、見やすいですね
P2180786_convert_20150218211033.jpg

さて、最後に比較するのは、収録作品。
これが致命的です。
まず、古い方の表紙にある作品、Pineapple Songをはじめ、数点が収録されていません。
収録されていないのはこちら。
Park Avenue
Pineapple Passion
Harmony
Perfect Pineapple
Pineapple Song

5作も未収録、これは痛いですね。
しかも、新しい方がお値段が良いです。
しかも、新しい方が入荷と同時に、高値だった古い方も入荷してます。
というわけで、古い方を断然お勧めします。

この他にもちょっとしたお買い物をしたのですが、また後日ご紹介します。
リンリンも今、ブロッキング中ですよ☆

話題の新刊 ゲットしました!

ここ数日で気温が下がり、街路樹も色づいてきました。
やっと秋の気配がする九州北部です。

ここ数日、ツイッターのニッター仲間で話題の新刊、祭日だったので少し遅れてゲットです。
PB050654_convert_20141105222841.jpg
嶋田先生の新刊です。
もう既に「嶋田写真集」と呼ばれています。
というのも・・・・・かなり細かくて複雑だからでしょうね。
今すぐ編む予定はないですし、編める気もしないので、しばらくは観賞用かもです。

せっかくなので手持ちの嶋田本も引っ張り出してきました。
ヴォーグから出ているのは既に高値になっています。
とっても残念。
PB050656_convert_20141105221100.jpg

こちらは文化出版から出ている本です。
こちらはまだまだ手に入りますので、気になる方はお早めにどうぞ。
PB050655_convert_20141105220903.jpg

と、ここで気づいたのが・・・・・編んだことがあるのって白樺編みのマフラーだけのような気が。
そのうち大作を編んでみたいですね。

さて、今回はシェットランドレースの本になってますが、以前の本にも一部載っています。
こちらはニットに恋してから。
PB050657_convert_20141105221145.jpg
PB050658_convert_20141105221212.jpg
PB050659_convert_20141105221236.jpg

こちらはニットコンチェルトから。
PB050660_convert_20141105221303.jpg

どちらにも載っているシェットランドレース。
今回のデザインはこちら。
PB050661_convert_20141105221333.jpg
なんとなーく似ているので、ニットコンチェルトをお持ちでない方で編みたい方は買って損はないと思いますよ。

実はこの他にもシェットランドレースの本を持っている私。
洋書です。
PB050662_convert_20141105221418.jpg

しかも裏を見てみると値段がポンド
本場、イギリスで出版された主に白黒の本です。
PB050663_convert_20141105221851.jpg

この本はシェットランドレースの歴史や模様集、最後のほうに数点の作品の編み方が載っています。
その模様集のなかにもこの模様が。
嶋田先生が「蜘蛛の巣」と呼んでいる模様。
英語でもスパイダーウェブでした。
PB050664_convert_20141105221919.jpg
PB050665_convert_20141105221947.jpg

このような模様を組み合わせて編むのがこちら。
PB050666_convert_20141105222021.jpg
このようなものを編んだら一生ものですよね~。
でも、問題が糸。
今回の嶋田先生の本も、洋書のシェットランドレースの本も本場、シェットランドヤーンを使っています。
細くて軽い糸のようで、糸によっては25gで400mとか・・・・・
以前依頼で編んだピンクのショールも軽かったんですよね。
これが編めたんだから、頑張れば編めるかも?
気長に待っていてくださいね。
知らない間に洋書のほうは高値がついていました



靴下とソックブロッカー

連日の猛暑も終わり、ここ数日雨が降って涼しくなりました。
涼しいと言っても室温は25℃を超えてまして、熱帯夜ってやつですよね
でも、その前が室温35℃とかでしたので、体感的にはかなり涼しいと感じます。
雨続きだったので、洗濯物がいっぱい
今日はちょっと晴れ間が出たので、慌てて干しましたよ。

本日、抜糸をして参りました。
中央、ちょうど袋が真下にあった部分の糸を外してもらいました。
それでも、完全には塞がっていないので、何か異変があったらすぐに受診を、ということですが、とりあえず終了コールをいただきました。
シャワーは良いけど、お風呂はダメだと言われたのですが・・・・・
え〜〜〜っと・・・・もう既に何回か入っちゃってます
以後、完全に良くなるまで入らないようにします。

先日から編んでいるレースですが、3段解いて1段進み、そして、編んだ1段をミスで2回も解くと言う悪循環が。
めっきりやる気をなくしてゲーム等を引っ張りだして来てました。
そのゲーム熱も早々と覚めまして、秋の新刊のチェックも兼ねて最寄りのスタバへ。
その時にこんな本を一緒に持って行きました。
P1030573_convert_20130826225647.jpg
ちょっと前に買った靴下の編み方本です。
こちらははき口から編みます。
この本を購入した一番の理由、それは・・・・
ゲージが1インチ四方8目〜4目(10センチゲージで32目〜16目)の糸で編む方法がそれぞれ細かく書かれていること。
しかも、各ゲージで5サイズ展開です。
手持ちの糸で自分のサイズを編みたい時には良いかな?と思って購入。
あまり糸の消費にもなりそうですしね。

ただ、こちらは基本1種類の編み方に限定されます。
P1030579_convert_20130826225910.jpg
こんな形の靴下です。踵の形が1種類のみなのです。
ボックス型の踵ですね。

プロセスも写真付きで丁寧ですよ。
P1030575_convert_20130826225713.jpg
P1030576_convert_20130826225741.jpg
P1030577_convert_20130826225817.jpg
P1030578_convert_20130826225841.jpg
踵の部分の模様のバリエーション、つま先のバリエーション等の展開はあります。
もちろん、全体の模様のバリエーションも。

こちらはゴム編み。
P1030580_convert_20130826225932.jpg

縄編み。
P1030581_convert_20130826225953.jpg

この他にもかのこ編み、透かし模様等色々載っています。
そして、自分で配色するパターン法も。
P1030582_convert_20130826230016.jpg
持っている針に糸を巻いて見ると言うやり方。
これはパッとみてわかるので良いですね。

そして、やはり本格的に靴下を編むのに欠かせないなぁ〜と思うのがソックブロッカー。
靴下を干す時に形を整える物です。
ただこれ、日本ではあまりなじみが無いのもありまして、結構なお値段します。
しかも、ソックブロッカーと書かれちゃいますしね。
サイズを確認するにも1つ持っていていいと思いまして、思い切って安上がりな方法を。
自作ソックブロッカーです。
P1030583_convert_20130826230034.jpg
作り方はコチラ(英語です)

作り方はとっても簡単。
型を取って、プラスチック製のランチョンマットに写して切っちゃうって方法です。
ただ、このプラスチック製のランチョンマットというのが手に入らなくて・・・・
でも、良い物を探してきましたよ。
P1030571_convert_20130826225617.jpg
ダイソーのプラ板です。

厚さは1.0mm。これ1枚で1足分取れます。
P1030570_convert_20130826225549.jpg
他にも厚みが0.75mmというのもありましたが、フニャっとなりそうなのでやめました。

まずは、自分の持っている靴下を基本にして型紙を取ります。
もしくは、ラベリーのページから型紙PDFをDLして、自分のサイズに合わせます。
今回は靴下の伸び率も考えて、実寸よりも0.5mm短くしました。
そのあと、ちょうどやって来たアマゾンの箱を解体して、丈夫な型紙に作り直します。
そして、プラ板に転写して、切ります。
ただ、この厚みだと切るのが大変です。
よく切れるハサミを準備してくださいね。(作り方ブログではキッチンハサミと出てました)
切れたのは良いのですが、カット面がガタガタ。
糸に引っかかってせっかくの靴下を台無しにしたくないので、持っている紙ヤスリで削ることにしました。
そして、完成です。
P1030584_convert_20130826234644.jpg
自作なので左右全く同じ形とはいきませんでしたが、自作でこれなら良いかもしれない
自画自賛です
もっと切るのを簡単にしたいのなら、薄めの方を使うと良いかもしれないですね。
これで、この秋からは、靴下編むのが楽しくなりそうです。
まずは編みかけの片付けからしなくては、ですね。

追記:
先日ご紹介した炭酸水メーカー、在庫復活!と思ったら既に在庫無しに・・・スイマセン


一番お手頃価格のソックブロッカーはこちら(サイズSです)




洋書と編み記号

気付ばもう3月。
今日はお天気もよくて朝からお掃除+お洗濯モードです。
昨夜、やっと仕上がったレースのブロッキングをしまして、今、乾かしています。
明日にはアップできると思うのでお楽しみに。

今お勧めしたい本、その


こちらはRavlryを主に解説した本です。
編み図はほとんどありませんが、これから素敵な海外作品を編みたいな、と思われる方は必見です。
他のブログでいろいろレビュー書かれているので、そちらも参考にしてくださいね。

さて、本日、洋書2冊が届きました。
P1030356_convert_20130306132635.jpg
1冊は靴下の本。こちらは、糸の太さ違いの靴下の編み方なので、文章が読めないときついと思うので、あまりおすすめは出来ないのですが、今回、特におすすめはこちら。
P1030357_convert_20130306132655.jpg

よく
「海外のクロッシェレースを編みたいけど、何が書いてあるかさっぱりで、あきらめました」
というコメント等を色々なブログで見かけます。
日本のように編み方が記号化されているのはまれです。
特に国全体で統一記号があるなんて、日本ぐらいだと思っています。

これは編物の歴史にも関わってくると思うのですが、日本は編み物の歴史自体が短いからだと私は思っています。
織りや紬は伝統工芸でありますけど、編み物の伝統工芸が無いですものね。
戦前にはいろいろな記号で編み物が紹介されたようですが、
戦後になってJISによって記号が統一化。
それ以降の編み物は記号によって表されることが一般的になりました。
あまりなじみが無い時代に記号によって一気に普及したので、
編み図=記号
という概念が私たち日本人にはあるのかもしれません。
かくいう私も、洋書に出逢うまではこれが当たり前だと思っていました。

しかし、海外では編み物は日本より遥かに長い年月があります。
先祖代々、編み方を口頭で教わり、時代とともに文献として残るようになったのでしょう。
そのため、海外の編み図は記号ではなく、文章で書くのが一般的。

この編み図が記号なのか、文章なのか、という違いが大きな壁になっているのだと思います。
しかも、他の言語となると壁は大きくなるばかり。

洋書には日本にないデザインや技法が数多くあります。
そのデザイン、配色に惹かれて洋書で編んでみたいという方は数多くいらっしゃるはず。
しかも、インターネットと言う現代では手放せないツールによって
海外が身近に感じる今だからこそ、編みたくても・・・と思う方がたくさんいらっしゃるのかもしれませんね。

なんて書いてあるか分からないからあきらめる!にはもったいないのが海外パターン。
そんな方にお勧めしたいのが今回の本です。
かぎ針のレースを記号、文章両方で表してあります。
日本でも海外編み図が普及しているように、海外では日本のクラシックで繊細なレースが人気のようです。
ラベリーでも日本の作家さんのレースが数多く紹介されています。
そのため、海外では、編み図を記号化してみよう!という動きがあるようで、
今回はそれが書籍となって形になった物かもしれません。

今回の本はかわいいレースが多く収録されているAnnie'sさんの本です。
バレンタインの時期にHazelさんが編まれていたハートのドイリーや、以前私が編んでいたDoilies in Colorも同じこの出版社の物。

気になる中身は・・・
P1030358_convert_20130306132715.jpg
まずは巻頭で簡単に編み記号の説明と、編み記号の読み方の説明。
何となくなじみのある記号じゃないですか?
なんて書いてあるか分からなくても何とかなりそうなのが今回の本です。

作品の編み方ページの冒頭は、従来通りの文章による編み方説明。
P1030359_convert_20130306132741.jpg
この後、編み記号による編み図が載っています(無断配布されないためにあえて割愛させていただきます)

載っている作品は今まで人気があったドイリーを7点収録しているようです。
裏表紙にはその一部が載っています。
P1030361_convert_20130306151908.jpg

収録されている作品は以下の通りです(リンクはラベリーに飛びます)
1.Forget Me Not by Agnes Russel (Doilies in Colorより)
2.Harvest Dance by Katharyn White (Old Fashioned Doiliesより)
3.Square Pineapple by Judy Teague Treece
4.Rose Garden by Kathryn White (Old Fashioned Doiliesより)
5.Aquamarine Starcatcher by Kathryn White (Old Fashioned Doiliesより)
6.Golden pineapples by Judy Teague Treece
7.Antique Pineapple & Cones by Judy Teague Treece (Pineapple Doiliesより)

まずは記号で編んでみて、編めたら文章で編んでみる、又は文章で編んでみて、分からない時は記号を見る、というやり方をすれば、洋書パターンも編めるようになるのではと思います。
もちろん、Old Fashioned Doiliesのようにもう手に入らない本が欲しい!という方もおすすめですよ。
お値段がお手頃なのも魅力ですね。

今回は長々と書いてしまいました。
最後にとっておきを・・・
P1030355_convert_20130306132612.jpg
チビちゃんと姫で私の椅子を占領中の図 でした。

次回はドイリーと呼ぶには大きくなりましたドイリーをご紹介しますね。







knit. sock, love

先日ご紹介した恐竜君
「素材は何ですか?」というコメントをいただいたので補足説明しますね。

実はこの恐竜君、木製のパズルなんですよ。ちょっと保管が悪かったのか、一部表面の色褪せがあって、まだら模様になっていますけど。全体像はこちら。
P1030153_convert_20120920194812.jpg

波の模様みたいになっている所がパーツの境目になります。で、どうやって分解するのかというと、
目の部分がストッパーになっていまして、
P1030154_convert_20120920194909.jpg

外すとこんなになります
P1030158_convert_20120920204819.jpg
真ん中にあるの、何か解りますか?卵ですよ。分解したらぽろっと落ちてきたので「何だ?」と思いました。なんせ10何年ぶりに解体したので・・・・ちょっとびっくりしました。
line031_005.gif

さて、話は変わりまして、今日のお題はknit. sock, loveです。タイトルみたら何となく想像つくかしら?靴下の本ですよ。先日アマゾンで購入しました。一目惚れしたのは
P1030155_convert_20120920194938.jpg
表紙のお姉様綺麗なおみ足でございます。(足フェチでもアレでもないですよ、念のため)
ツイッターである方が編んでいらして、それでこの方を知りました。作家さんはCookie Aさん。結構変わった模様がある靴下をたくさん考案されている方です。この本に収録されている作品集はこちら→(ラベリーにジャンプします
この本のことを知った時には既に高値。でも、同じタイトルでヒットしたのがこちらの本でした。違いはというと、
全部ドイツ語なんですよ。
『凄いですね。ドイツ語も解るんですか?』
とこのごろ良く聞かれますが、
ドイツ語解りません!
Herbertさんの編み図を集めているうちにドイツ語の編みもの本という物に免疫?抵抗を無くしたようで、編み図さえ解れば何とかなる!という楽観的な理由から買ってみたものの、そこまで靴下を編んだことが無い私にはちょっとレベルが高かった気もします。

気になる中身はこんな感じ。パーツごとに平面図があって、隣に立体的な図があります。
P1030156_convert_20120920195001.jpg

編み図はこんな感じ。ほとんどJIS企画と一緒です。
P1030157_convert_20120920195026.jpg
日本だとはき口から編んでかかとを編み、つま先を編むと言う方法が一般的のようですが、アメリカでは色々な編み方があるので、まずはそれを知らないと行けないようですね。この本から編む前に、まずはこのデザイナーさんのフリーパターンから編んでみたいと思います。
ラベリーでですが、全パターンをDL出来ます。こちらは全部英語です。あくまで本として欲しい私にはちょっと無理ですが、こちらの方が実用的だと思います。興味がある方はこちらの方をお勧めしますよ。

解体した恐竜君、元に戻せるかしら?がんばります。

今回の本はこちら。




Kunststricken: Schoene alte Bluetenmuster ブックレビュー

先日編み上げたスズランのドイリーが収録された、Herbertさんの最新リプリント、Kunststricken: Schoene alte Bluetenmuster のブックレビューです。リプリントなのに、最新って言葉はおかしい気もしますけど、この場合、なんていえばいいのでしょうか気になっている方、結構いらっしゃるので一気に全部網羅しますよ
今回は画像がたくさんありますので、少々重たいかもしれません。ご了承くださいGoogle翻訳で名前がわかるものだけ、対訳を載せておきますね。

まずはAmazonでも公開されている表紙です。アイビーだそうです。
P1020781_convert_20120526144934.jpg
この編み図、収録がなかったのですが、先日出版社のHPにPDFがアップされました。無料配布なので、リンク切れになる前にどうぞ→ "zem Download"をクリック!(2012年7月25日現在、別の編み図のサイトになっています。)

Herbertさんのシリーズは本というより編み図が書かれた模造紙+パンフレットという感じになってます。
P1020782_convert_20120526145052.jpg
模造紙並みに大きな紙に両面印刷で編み図がぎっしり!編みたいものの編み図を探すのが大変なのです

こちらはパンフレットの表紙です。今回はこのパンフにも編み図が載ってます。ややこしいです。
P1020783_convert_20120526145213.jpg

パンフを開けるとまずはこのドイリーが皆様をお出迎え。"Blattkranz"(葉の輪)です。
P1020784_convert_20120526145324.jpg

次のページは早速布とのコラボです。型紙あるのですが・・・ちょっと難易度高いですね。右下のドイリーはHyazinthe(ヒヤシンス)です。小学校の水栽培で思い出深い植物です。
P1020785_convert_20120526145430.jpg

ドイリー"Distel"(アザミ)です。
P1020794_convert_20120526145545.jpg

ドイリーが2点。右側は「スズラン番外編」で編む予定です。スズランではないのでご注意を。
P1020795_convert_20120526145703.jpg

こちらは大作のスズラン。私が編もうとしているスズランシリーズで一番の大きさになります。残念ながら編み図は未収録。他の本に収録されています。
P1020797_convert_20120526145951.jpg

右がArnika(アルニカ)、左がKirschblüten(桜)です。桜は市田尚子さんの本にも収録されています。
P1020796_convert_20120526145846.jpg

おしゃれな布コラボドイリー、エッジとしても使えそうですね。
P1020798_convert_20120526150046.jpg

上がBlattkranz(葉の輪)、下がWaldrebe(クレマチス)です。
P1020799_convert_20120526150152.jpg 

上がEiche(オーク)、下がWabengrund。
P1020800_convert_20120526150313.jpg

エッジが2種類。Krokus(クロッカス)とTulpe(チューリップ)
P1020811_convert_20120526154957.jpg

Rosette(ロゼット)のドイリー。
P1020801_convert_20120526150402.jpg

シンプルにメッシュ編みのドイリーと左下がSchlüsselblume(サクラソウ)、左下がHängeblume
P1020803_convert_20120526150521.jpg

上がschneestern(スノースター)、下がZackenrand。直訳で「白と黒のナイフ」だそうです。
P1020804_convert_20120526150642.jpg

上がLöwenzahn(タンポポ)、左下がPfauenauge(ピーコック)、右下がRanunkel(ラナンキュラス)です。ラナンキュラスは無料で編み図が手に入ります→Doily Headの編み図ページにジャンプ!
P1020805_convert_20120526150801.jpg


上がKornblume(ヤグルマギク)残念ながら未収録。オンラインで購入できます。→下はIris(アイリス)です。存在感あるドイリーになりそうですね。
P1020806_convert_20120526150855.jpg

このごろつけ襟の新刊ばかり見かけます。クンストのつけ襟集ですよ。
P1020807_convert_20120526150955.jpg

当時はおしゃれアイテムだったのでしょうか。三角ショール。モヘアとかで編んでも素敵になりそうです。
P1020808_convert_20120526151056.jpg

ミニドイリー集。一番上とその下の丸いドイリーは同じものです。Neunzackiger stern(九芒星)、その下がGlöckleinで先日編んだスズランです。右下はAnemone(アネモネ)。
P1020809_convert_20120526151154.jpg

最後はBuchenlanb(ブナの葉)です。
P1020810_convert_20120526151259.jpg

全部で40作品、表紙を入れて41作品です。収録されていないヤクルマギクは本当に残念。でも、また新しい本に収録されるといいですね。

↓未収録の大作スズランはこちらにあります




毛糸だま153号に・・・

今日は雪予報ではなかったので、1日長く寝すぎた?と思ってしまったAyaです。明日の木曜は雪マークだったのですが、今日も雪マークに変更されていました。

この天気だからなのか、先日のクンストレースはまだ乾いておりません。その上を堂々と歩く我が姫!いたずらが過ぎるので、今はお外で反省中です。雪が舞って、少しずつ積もりつつあるので、明日朝は真っ白になりそうな予感。

まだまだ冬模様の気配が残ってますが、昨日、やっと九州でも最新号の毛糸だまが店頭に並びました。今回はネックから編むセーターが載っているのを事前に知っていたので、立ち読みもせずにレジへGO今日じっくり読んでみました。今回の巻頭特集はシェットランドです。シェットランドは編み込み模様とレースの2種類があるのですが、今回はレースの方も特集がありました。1番最初の作品を飾るのはこれ!
P1020616_convert_20120208180553.jpg
このレース、1PLYの糸だそうで、日本でいうと極細です。でも、素敵ですね。これ、糸が手に入るなら挑戦してみてもいいかなと思ってます。

この他にもいろいろレースが載ってますよ。気になる方はまず、毛糸だまのWEBに作品の写真集があるので、のぞいてみてはいかが?→☆サイトGO!

この他にもこんなものが・・・
P1020617_convert_20120208180618.jpg
モノクロのクンストレースの本です。アマゾンでも手に入るので、買ってみました。編み記号が並んでいるので、何となくわかります。ただ、糸の量が個数で書かれているのでご注意を。

あと、こんな物も発見!
P1020618_convert_20120208180648.jpg
英語の編み図を解読しよう!特集です。このような記事が載ると言うことは、日本でも洋書から編み物をしたいと思う方が増えたって事でしょうか・・・・この勢いでクンストレースも人気が出るといいですね。毛糸だま154号はクンストレースの特集もあるみたいです。ちょっと楽しみ

↓Herbertさんの作品集かどうかわかりませんが、ちょっと気になります。



ネックから編むセーター

数年前、母の勧めで半年間ニット教室に通ったことがあります。そこで出逢ったのは
ネックから編むセーターという、今までにはない編み方でした。始めはチンプンカンプンでしたが、先生の指示通りに編み進むと、不思議不思議。セーターが編み上がったのです。
それ依頼、私はネックから編むセーターの虜になりました。

ネックから編むセーターの魅力はとじはぎをしなくていいこと、自由にサイズ調整が出来ることです。割り出しもそこまで難しくないのでオリジナルのセーターやカーディガンが編めることも利点の一つだと思います。しかし、日本ではあまりメジャーではないため、洋書に頼らざるを得ませんでした。もちろん全部英語で,インチで採寸されるのでちょっとややこしいのです。
そんな中、待ち望んでいた本が出ました!
P1020388_convert_20111013140952.jpg
『ネックから編むセーター―とじ・はぎなし』

ネックから編むセーターを始めるのはもってこいの本だと思います。自分のオリジナルを編む編み方は残念ながら載ってないのですが、アラン模様や編み込みなど、すてきな作品が多く載っています。

P1020389_convert_20111013141050.jpg
こちらは丸ヨークのセーター。このセーターは写真で編み方が説明されています。
たまたま使用糸が残っているので、ポンチョ編み終わったらこれを編もうかな。
(使用糸:ハマナカ ソノモノ アルパカウール並太)


P1020390_convert_20111013141216.jpg
こちらは幾何学模様の丸ヨークカーディガン。配色がすてき。

P1020391_convert_20111013141300.jpg
ボーダー柄のラグランセーター。丸ヨークは均一に増し目をするのに対して、
ラグランは決まった位置で増し目をして四角に編む方法です。
こちらも写真で編み方解説あります。

P1020392_convert_20111013141340.jpg
ラグラン線にケーブルを入れたセーター。
ネックから編む方法だとこのようなラグランを強調する方法も簡単にできます。

P1020393_convert_20111013141422.jpg
編み込み模様の丸ヨークセーター。使用糸は内藤商事 ロピー。
糸がすてき。

P1020394_convert_20111013141459.jpg
こちらはデザイン違いの2点。カーディガンは輪に輪に編まずに往復編みします。
ポンチョはそのままクルクル輪に編みます。

P1020395_convert_20111013141531.jpg
ヨークだけにアラン模様を入れたセーター。

P1020396_convert_20111013141604.jpg
こちらはデザイン違いのチュニックとケープ

P1020397_convert_20111013141635.jpg
前後身頃にアラン模様を入れたラグランセーター。玉編みがかわいいです。
こちらは途中から前後の模様に差が出来ます。ちょっと難易度上がりますね。
(前後差の数段を往復編みするため)

P1020398_convert_20111013141709.jpg
ちょっと難易度上がって、こちらはフェアアイルのセーター。

P1020399_convert_20111013141739.jpg
デザイン違いのチュニックとボレロ。デザインは3点とも風工房さん。
風工房さんらしい優しくてすてきな配色です。

P1020400_convert_20111013141812.jpg
私が一番ショックをうけたのがこちら。ノルディック模様のラグランセーター。
これ、編みたいです。
でも半袖は使わないので長袖に変更する予定。
糸をどれだけ足せばいいのか計算しないとね

P1020401_convert_20111013141838.jpg
こちらはデザイン違いでポンチョです。
すべて編み答えがありそうな作品ばかりですね。今からネックから編むセーターに挑戦する方には入門書みたいな感じで持っていていいと思います。本の最後に簡単ですがサイズ調整の方法載っていますよ。
profile

Aya

Author:Aya
編み物大好き。特にネックから輪に編むセータが好きです。棒針編み、かぎ針編み、レース編みをしてます。ただいまクンストレースにハマっています。

I love knitting and crocheting. Since I knew about Reverly, I am interested in making doilies in 3D style. I also interested in top-down knitting which is not popular in Japan. I would like to introduce my project for everyone who loves needles, yarn, hooks and thread.

ブログランキングならblogram

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 棒針編みへ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
I join Ravelry as nick name "weib-aya"
月と星と妖精ダスト
今年編んだ長さ

Contact
Flag Counter
free counters
counter
visiting now
現在の閲覧者数:
categories
recent documents
recent comments
monthly archives
Do you have time?
Refrences
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
recommends
Links
検索フォーム
Track backs
QRコード
QR
素材
お借りしている素材屋さんです。



ブログパーツ
ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。